隅田川花火で浅草に『大量のゴミ』が投棄!!持って帰ろうよゴミ!

毎年開催される、江戸の夏の風物詩、隅田川花火大会。今年も100万人以上が訪れ、日本の「祭り」と「花火」が夏の夜を染めた。そして日本人なら『祭りの後』の風情も感じたいところ。ですが、そんな風情を粉々にぶち壊して、あきれるしかないような写真がTwitterに続々と投稿された。

祭りで出たゴミを投棄し浅草駅周辺が、ゴミの街になっているというのだ。 つい先日おこなわれたW杯で、海外から賞賛された『日本が負けた試合なのにゴミ拾い』(grapeでも紹介)とは真逆です。

同じ日本人といっても千差万別、モラルの低い方もたくさんいるのは分かっていたが、あまりに酷い。こうして記事にしたところでゴミを散らかしてきた人たちには届かないのだろう。しかし、いいことばかりでなく、こうした現実もシェアしてもらうことで少しでも『ゴミを散らかして帰るなんてとんでもない』という、空気が醸成されるよう願ってご紹介しよう。

他にも多くの声が上がっている


  • 浅草に遊びに行った!楽しかったあ!道がゴミだらけだったのが凄く残念だったけどね。
  • 浅草の歩道ゴミひでぇ
  • ワールドカップで、ゴミ拾ったかなんだかで評価されてるけど、それは「会場にいた日本人」が素晴らしいんだろ。今の隅田川花火大会後の浅草と富士山をみてみりゃ、それを日本の誇りだとか抜かす日本人はいないと思うけどね。俺は皮肉にしか聞こえないがね。

天神祭でも

なにも、このゴミ問題はお祭りや花火大会に限ったことではない。あなたが捨てたゴミは誰かが片付けている。ボランティアや近隣住民など、本来ゴミを片付けるいわれなどない人がだ!

モラルがどうとか言う以前の問題であり、幼稚園のころに教えられた『自分がされて嫌なことは、人にもしない』それだけだ。自分の子供たちに、今まさしくそういって教育をしている筆者としては、大人の方がダメだといわれてるいるようで本当に恥ずかしくなる。

出典
日刊時事ニュース

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop