「マーティ、ここが未来だ!」タイムスリップの行き先はTV番組!?

出典:YouTube

アメリカの人気コメディアン「ジミー・キンメル」が司会を務めるテレビ番組「ジミー・キンメル・ライブ!」。YouTube配信も積極的に行っている、アメリカでは大変人気な深夜番組です。

そこに突如現れたデロリアン。マイケル・J・フォックスとクリストファー・ロイド扮する「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のあの二人が、1985年の過去からタイムスリップしてきたのです!

16935_03

出典:YouTube

マーティ「ここはどこだ?」

ドク「私の計算によれば、ここは2015年、未来だ!」

マーティ「ヘビーだな。空飛ぶ車はあるのかな」

16905_07

出典:YouTube

そんな二人に「空飛ぶ車は出来なかったんだよ」と声をかけるジミー。見慣れぬ司会者に「アンタ誰?」と問いかけます。30年前と今では有名な司会者も違いますからね。

16935_04

出典:YouTube

これがジミーのテレビ番組で、今放送されていると知った二人。

マーティ「じゃあぼくたちは今テレビで観られてるのかい?」

ジミー「テレビで観る人もいるだろうけど、明日トイレで(スマホで)観られているだろうね」

スマホの概念がなければ、トイレで観るという状態がさっぱりわかりません。言葉の意味が全く理解できず、困惑してこの顔です(笑)

16905_02

出典:YouTube

マーティ「汚いな!」

ジミー「いやいや、それほど汚くないんだよ」

その後も「ホバーボードは結局できたのか」などジミーに質問を浴びせるマーティ。そして最後に「この30年間はなにやってたの?」と聞きます。

ジミー「うーん、そうだなぁ。クロナッツというのが出来たよ!クロワッサンとドーナツが混ざったものさ」

ジミーの言葉に二人はあきれ返ります。

16935_07

出典:YouTube

マーティとドクが「2015年はつまらなそう。技術の発展もしていなそうだ」とがっかりしている間に、自撮りをはじめるジミー。「笑って」の言葉に、よくわからずも思わずスマイルを作る二人。

16935_02

出典:YouTube

ドク「それは何?」
ジミー「これがおそらく現代で一番の発明、スマートフォンだよ」
ドク「これは小型スーパーコンピュータか! きっとすごい計算に使うんだろうな……」
ジミー「いや、みんな絵文字とかを送りあうのに使っているね」

そうこうしてるうちに、客席から拡声器で「ちょっとすみません、君たちちょっとうるさすぎるよ」との声が。

出典
Marty McFly & Doc Brown Visit Jimmy Kimmel Live

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop