JR西日本の悩み「カメが挟まって電車が遅れる」解決した方法がお見事!!

写真はイメージです

JR西日本では毎年夏になると、ある大きな問題に悩まされていました。

それは、カメによる列車遅延です。

カメが挟まっちゃう

この問題が起こるのは、カメの活動期である5月〜9月。

陸上を歩くカメが踏切を渡る時に、レールの間に落ちてしまうと最終的にポイント(分岐点)に辿り着きます。

そのポイントの可動部の隙間に入り込んでしまうと、ポイントが切り替わった時にカメが挟まってつぶれてしまうのです。そうすると信号が変わらず、列車が止まってしまうという問題がありました。

カメの命を救った技術開発

JR西日本から相談を受けたのは、神戸市立須磨海浜水族館。

そこで須磨水族館が提案した方法を試した結果、最も事故が多かった五位堂駅付近(和歌山線)では、全く事故が起こらなくなったのです!

カメを安全に確保!

須磨水族館が提案したのは、『ポイントにたどり着く前にU字溝を埋める』という方法でした!

ポイントの可動部分に挟まってしまう前に、カメをU字溝に落下させて安全に確保。

とてもシンプルな方法ですが、実に理にかなった方法で、4月〜8月の期間で10匹のカメを救うことができたそうです。ということは、少なくとも10回の事故を避けることに成功したということ。

列車遅延を防ぎ、カメの命も救うことができた。これこそ技術開発の真髄ですね!

列車遅延を防ぐためだけでなく、カメを助けたいという純粋な気持ちが生んだ技術。

なんだか温かい気持ちになれるのは、根本に「優しさ」がある技術開発のメリットなのかもしれませんね。

最後に須磨水族館から素敵なメッセージ♪

列車の遅れを防ぐとともに、カメの事故死を減らす技術を誕生させることができたので、JR西日本と当園、両者ともに、なんとなくさわやかな気持ちになりました。

神戸市立須磨海浜水族館 ーより引用
出典
神戸市立須磨海浜水族館カメが線路のポイントに トラブル回避にU字溝

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop