今年2回目のスーパームーン!今年を見逃すと次は何年後?

月は地球のまわり約36万~40万kmの距離を楕円形状に回っている。 地球に近づいた時に満月になるのがスーパームーンだ。

2014年の夏にはスーパームーンが3回ある。 8月10日の満月はその2回目にあたる。

「スーパームーン」と「ペルセウス座流星群」が8月11日未明から8月13日早朝に見頃を迎える。 天候が良ければ11日午前3時すぎには今年最大のスーパームーンが見られるだろう。 スーパームーンを見るのに一番よい時間は、月が最も近い点に達したわずか26分後、日本時間の8月11日午前3時10分の満月の瞬間だ。

今年最後のスーパームーンは9月9日となる。 次に今年の条件に近いスーパームーンが起こるのは2034年のことだ。

前回のスーパームーン記事はこちら
今日は『スーパームーン』月が地球に最も接近する日【次回8月11日】

出典
タイトル画像

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop