『父が、逮捕された。』 中2女子の作文、衝撃的な内容と圧倒的な文章力

写真はイメージです

父が、逮捕された。

中学2年生の女の子が書いた作文の冒頭。一瞬で読み手を引き込み、最後まで目を離せなくする…。

これは、読売新聞が主催する「全国小・中学校作文コンクール」で、第65回文部科学大臣賞を受賞した作品です。

夢の跡

「公職選挙法違反」で逮捕された父。

一瞬にして人生を変えた出来事。そこから学んだことを小説のように淡々と描き、自然と読み手を引き込んでいきます。

父が、逮捕された。

自宅には家宅捜索が入った。毎日「いってきます」と「ただいま」を繰り返す門扉は、マスコミ陣で埋め尽くされた。

2015年5月26日、夕刻のことである。

6人の警官が玄関先で卵のパックに収まっているかのように待機する中、母は親戚に電話をして、駅前のビジネスホテルを押さえてもらうと、祖母に連絡を取り、そこから叔母が私を迎えに行くように手筈(てはず)を整えた。

テレビドラマでしか観(み)たことがないようなことが自分の家で起こっている。しかし、私はその現実を巨大なシャボン玉の中から眺めているような違和感でしか受け止められなかった。「渦中の人」は、台風の目の中にいて、時の流れが他と少し違うところにいるものなのだ。

読売 教育ネットワーク ーより引用

膨大な資金を「選挙」という魔物に食われた

この作品は80枚近い長編。サイトで一部公開された内容だけでも、短編小説を読んでいる気分。

後半は、衰弱していく父の姿、自分を取り巻く環境の変化を客観的に描き、最後には『私はここに生まれてきたことを感謝したいと思う』という前向きな想いを綴っています。

彼女の壮絶な経験を「伝えたい」という想いと、圧倒的な文章力で読む人全てを彼女の世界へ。読み終わったあと、良質な映画を見終わったかのような気持ちにさせられます。

一部公開された作品を読んだ人々は、「全文読みたい」「大物になる予感」「書籍化してほしい」と大絶賛。彼女はこれからも、様々な想いを作品にぶつけて世に送り出していく人物なのではないでしょうか。

選挙は、踊り狂った祭りのように盛り上がって過ぎ去り、その後、頭から冷水をかけられたようにその「酔い」から興覚めした。膨大な資金を「選挙」という魔物に食われた。

読売 教育ネットワーク ーより引用
出典
読売 教育ネットワーク

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop