ラグビー界の伝説逝く。オールブラックスが葬儀で披露した最後のハカ

ニュージーランドのラグビー代表チーム「オールブラックス(All blacks)」

ラグビーのチームとしては最高クラスの人気を誇る彼ら、チームのことは知らなくてもラグビーの試合前に、踊るニュージーランドの原住民であるマオリ族伝統の踊り「ハカ」は知っている人も多いのではないでしょうか。

このオールブラックスで世界的人気を誇ったある選手が2015年11月18日、亡くなりました。

17850_02

彼の名前は「ジョナ・ロムー」。1994年にオールブラックスに史上最年少で選出され、1995年と1999年のワールドカップに出場。残念ながら両大会共に優勝することは出来ませんでしたが、2大会連続トライ王に輝く素晴らしい成績を収めました。

しかし、その後腎臓の病が悪化。移植手術を受けるも、その後は病気や怪我の影響によりワールドカップに出場することは出来ませんでした。

ジョナ・ロムーさんの活躍は凄まじく、多くの人の記憶にラグビー界のレジェンドとして残ることとなりました。

在りし日のジョナ・ロムーさんのスーパープレーの数々

しかし2015年11月18日、病が悪化し40歳の若さで急死。

その葬儀が11月28日にニュージーランド、イーデン・パークで行われました。

17850_01

その際に、元チームメイト及びラグビー関係者たちはジョナ・ロムーさんを見送るために最後のハカを披露。その力強い踊り、ご覧ください。

最後には奥さんと二人のお子さんの手から、ハトが空へ飛び立ちました。

多くの人を引きつけ、愛されたジョナ・ロムーさん。ご冥福をお祈りいたします。

出典
Jonah Lomu Big HitsJonah Lomu's former teammates and Fans perform emotional final haka Full

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop