京都にあるヴェネツィア! 海に浮かぶ町「伊根の舟屋」

出典:yukarichandesu

京都府・丹後半島の東端「伊根湾」に面した、海に浮かぶ町「伊根の舟屋」。古代から大陸との交流が盛んだったこの町は、「日本のヴェネツィア」とも呼ばれているとか。

民家がまるで海に浮かんでいるかのように建物が並び立つ光景は、とても幻想的。また、どこか懐かしい昭和の哀愁も感じられ、ノスタルジックな魅力をも放っています。

ikedihさん(@advaita00)が投稿した写真 -

これらの「舟屋」と呼ばれる民家は、一階が舟のガレージ、二階が居間となっている、この地域独特の伝統的な建物。

周囲5キロメートルの湾に沿って立ち並ぶ舟屋の数は、なんと約230軒!2005年には漁村ではじめて、国の「重要伝統的建築物保護地区」にも選定されました。

@hk_willieが投稿した写真 -

町の中には、昔ながらの酒蔵や民宿も。また漁村でもあるので、新鮮な魚介類を堪能できる食堂やレストランがたくさんあるのも嬉しい。

yuaasaさん(@yuaasa)が投稿した写真 -

いかがでしたか?日本のヴェネツィアとも呼ばれる、海に浮かぶ町「伊根の舟屋」。

この町に行くには、京都や大阪の中心街から車で約2時間半。ちょっとアクセスしにくいですが、ここでしか味わえない絶景があります。

一生に一度は見てみたいノスタルジックで幻想的な光景。そんな気持ちになってくるとても魅力的な場所ですね。

出典
ikomusikadvaita00smasato115hk_williek.hassijason25cyuaasayukarichandesu

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop