ビル・ゲイツまで?全米で『氷水をかぶるリレー』が大流行!その理由は?

いまアメリカで、頭から『氷水』をかぶり、かぶった人が次の3人を指名してその人たちが、またそれを繰り返すチャレンジが大流行しています。 しかも、スポーツ選手、ミュージシャン、超有名企業の社長から政治家まで凄いことになってます!

11061_01

じつは、これアメリカ中を巻き込んで話題になっている『Ice Bucket Challenge』というチャリティーなんです!

日本でもドラマ化されてご存知の方も多いであろう、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病の患者を支援するためだ。まだ治療法の確立していないこの病気は、筋肉の萎縮によってあらゆる運動能力が失われてゆき、人工呼吸器をつけなければ発症から3年〜5年ほどで呼吸筋麻痺により半数ほどが死亡する。

この「Ice Bucket Challenge」は、ボストン大学の野球選手だったピート・フレイツさんから始まったもの。

彼はALSと診断されたことをきっかけに、ALSの病理解明に取り組む研究機関への寄付金活動を始めた。彼自身は氷水をかぶることができなかったため、3人の友人に代理で氷水をかぶるよう頼んだ。氷水をかぶるチャレンジをした人は、次のチャレンジをする人をFacebook上で3人指名する。

そして、指名された人は「24時間以内に氷水をかぶるか、ALSの研究機関へ100ドルを寄付するか、その両方を行なわなくてはならない」というルール。

はじめは大学内の小さなリレーだったが、それが瞬く間にアメリカ中に拡がり、多くの著名人を巻き込んでバイラルしていることで、ALS協会にはすでに550万ドル(約5.5億円)が集まり、前年同時期の3万2000ドル(約320万円)と比べると170倍にも達しているそうです。

それでは、日本でもおなじみの有名人たちのチャレンジを少しだけ動画で紹介しよう!


ミュージシャン ジャスティン・ティンバーレイク

Apple CEO ティム・クック

Facebook創業者 マーク・ザッカバーグ

マイクロソフト創業者 ビル・ゲイツ

他にも、アマゾンのジェフ・ベゾスCEO、グーグルのラリー・ペイジCEO、ディズニーのボブ・アイガーCEO、U2のボノ氏など名だたる大物が指名されていて、このチャリティーは世界中にひろがっていきそうです。

実際に氷水をかぶった人の寒さとは正反対の、心暖まるチャレンジ、次はあなたが指名されるかも?

出典
YouTubeGizmode USA

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop