【警告】8月13日のWindows Updateで起動不能になる危険な不具合が発生!

マイクロソフトは2014年8月13日(水)に公開したWindowsアップデートの最新版MS14-045に障害があった事を発表し、このパッチのアンインストールをユーザーに対して推奨しています。

このパッチをインストールしていると、ブルースクリーンが発生してPCが起動できなくなる可能性があります。

現在、Windows Update / Microsoft Update / 自動更新経由でのこれらの更新プログラムの配信は停止しています。なお、これらの更新プログラムをインストール後、特に問題が発生していないコンピューターでも、予防的処置のために、これらの更新プログラムをアンインストールすることを推奨します。

【リリース後に確認された問題】2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある ーより引用

対象の更新プログラム

  • KB2982791 [MS14-045]カーネル モードドライバーのセキュリティ更新プログラムについて(2014年8月12日)
  • KB2970228 Update to support the new currency symbol for the Russian ruble in Windows
  • KB2975719 August 2014 update rollup for Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2
  • KB2975331 August 2014 update rollup for Windows RT, Windows 8, and Windows Server 2012

アンインストール方法(Windows7)

コントロールパネルを開きます。

11076_01

「プログラム/プログラムのアンインストール」を選びます。

11076_02

左側のリストから「インストールされた更新プログラムを表示」を選択。

11076_03

表示されたプログラムの一覧から「Microsoft Windows」「Microsoft Windows (KB******) の更新プログラム」を探します。(******は更新プログラムの番号)

11076_04

対象の更新プログラムを選択して右クリックしてアンインストールを実行します。 しばらくするとアンインストールが完了します。 対象の更新プログラムが全て削除されたらアンインストール完了です。

対象のいずれかのプログラムはOSバージョンによってインストールされていない場合もあります。

既にブルースクリーンくらって起動不能だよ!

Microsoft TechNet Blogsに復旧方法が案内されています。

出典
Microsoft TechNet Blogs

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop