本日より借金生活スタート!2014年の地球資源は8月19日に使い切りました!

アース・オーバーシュート・デー」というものをご存知でしょうか。これは、人類による地球資源の消費量が、地球が1年に生産できる量を超えてしまった日を意味します。国際シンクタンクの「グローバル・フットプリント・ネットワーク」は、8月19日に2014年のアース・オーバーシュート・デーをむかえたことを発表しました。

11091_04

人間が生きていくために必要な資源。地球環境によって生み出される「酸素」をはじめとする「動植物、水産物」など、すべて地球の恵みにより我々人類は生かされています。しかし、それら資源には限りがあります。地球が1年間で吸収できる二酸化炭素の量は、8月19日に限界をむかえました。再生産できる動植物はすべて消費してしまいました。

では、足りない分はどうしているのでしょうか?、未来の資源を食いつぶし、そして生産力そのものを削り取って消費しているのです。それにより、森林破壊、砂漠化、野生生物の減少・絶滅、水不足、異常気象など世界各地で生態系の悪化が進んでいます。

11091_01

地球の人口は増え続け、資源の消費量は世界規模で増加し続けていますが、地球の大きさは同じままなのです。地球が年間で生産できる資源の量や二酸化炭素を取り込む力が大きく変化することはありません。2000年のアース・オーバーシュート・デーは10月1日。14年で1ヶ月以上も早い到来となっています。いかに人類の消費が増大していっているのかお分かりになるかと思います。

11091_03

また、資源の消費は国や地域により差があり、私たち日本をはじめとする先進国は、大量生産、大量消費、大量廃棄を繰り返し行なっています。国民一人あたりでみると、地球2.3個分の自然資源を消費し、世界平均では1.5個分の地球が必要とされています。

日本は食料全体の半分以上(約5600万トン)を輸入しながら、約1800万トンを廃棄している現実があります。そのうち、まだ食べられる食品を年間500万トン~800万トン捨てていると推計されています。これは、世界の食糧援助量の約2倍の量で大きなロスが発生しています。

食品ロスは、食品メーカー、小売店、飲食店などがメインと考えられがちですが、その約半数200万トン~400万トンは家庭から発生しているとのことです(※政府広報による)。

まずは現実を知ることから、そして未来の子どもたちへのバトンを恥ずかしくないかたちで渡すために、行動してみてはいかがでしょうか。「もったいない」という言葉、発祥地は日本です。

出典
footprintnetwork.org

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop