「暴走するのが18才、逆走するのが81才」似てるけど正反対な両者(笑)

出典:@rikubad

Twitterユーザーの@rikubadさんが投稿した「18才」と「81才」の違いに腹筋を破壊される人々が続出しています!

同じ数字を使っているのに、出てくる言葉は正反対。韻を踏むたびにジワジワとこみ上げるものがあります。

「18才」と「81才」の違い

■道路を暴走するのが18才、逆走するのが81才

■心がもろいのが18才、骨がもろいのが81才

■偏差値が気になるのが18才、血糖値が気になるのが81才

■受験戦争を戦っているのが18才、アメリカと戦ったのが81才

■恋に溺れるのが18才、風呂で溺れるのが81才

■まだ何も知らないのが18才、もう何も覚えてないのが81才

■東京オリンピックに出たいと思うのが18才、東京オリンピックまで生きたいと思うのが81才

■自分探しの旅をしているのが18才、出掛けたまま分からなくなって、皆が探しているのが81才

■「嵐」というと松本潤を思い出すのが18才、鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81才

@rikubad ーより書き起こし

笑っていいのかダメなのか、ギリギリのラインを攻めてきますね(笑)

笑うだけじゃ足りない!

この投稿を読んだ人の中には、「面白い!」というコメントだけでは飽き足らず、自ら参加する人まで現れました!

詰まらせるのは・・・

どっちも詰まらせたくない。

東京オリンピック

同じ「東京オリンピック」でも、ちょっと違う。

冷静なツッコミ

冷静なツッコミを入れてくれる人も大事です。

笑点と称して面白おかしく表現していますが、両者とも、今を一生懸命生きているという点で、変わりはありません。

「18才」の時の自分があって「81才」の自分がいる。そして、過去の日本を支えてきてくれた「81才」がいるから、「18才」を謳歌できるのではないかと感じました。

出典
@rikubad@yushi_1215@sugiura_ken2@MichiuraKotoba

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop