「ここは障がい者用駐車場だ!」悩むロシアが編み出した驚きの作戦とは

ショッピングモールなどで、車いすのマークがついた駐車場を見たことはありますか?

身体障がい者の方や、高齢の方、難病・怪我をしている方、妊産婦の方が利用するために設置された、幅の広い駐車スペースです。

18448_06

しかし、マナー違反の健常者が駐車してしまい、本当に必要な人が止められないといった事が数多くあるそうです。

昨年1月に日本で初めて行われた調査では、障がい者用駐車スペースを利用した人のうち、約7割が健常者だったという結果も公開されています。

合計利用台数1528台のうち「適正利用」と確認されたのはわずか約18・3%の279台。

千葉日報 ーより引用

この問題は海外でも同様で、罰金制度など各国で対策をとっています。そんななか、ロシアから驚きの方法が提案されました。

その方法がこちら。

18448_01

出典:YouTube

なんと、障がい者用駐車場に健常者が止めようとすると、突然駐車場に車いすの人が!

浮かび上がった人は、「ここは止めてはいけない場所なんだ。マークはみえてただろう?」と呼びかけます。

18448_07

出典:YouTube

突然の出来事に、駐車としていた人たちはびっくり仰天!思わず写真を撮る人も。

18448_02

出典:YouTube

彼らが語りかける様子はこちらからご確認ください。

駐車場の上部にはカメラが設置されており、車いすのマークをつけている車の場合には、ホログラム映像は現れないように設定されています。

18448_04

出典:YouTube

今回の映像はキャンペーンの映像でしたが、「この装置を実際に設置して欲しい」という声も多かったそうです。

動画の中では、「ロシアのドライバーは身体障がい者用の駐車場に3割の人が気にせず停める」と語られています。

私達も「急いでいるから」「少しの時間だから」といった理由はもうなしにしませんか。

出典
In This Mall, Holograms Of Disabled People Appear If You Try To Park In Their Space千葉日報

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop