デヴィッド・ボウイ、死去。20世紀最も影響力のあるアーティスト 最後の作品 全曲紹介

「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」デヴィッド・ボウイさんが10日、亡くなりました。69歳でした。

デヴィッド・ボウイさんは、イギリスを中心にでロック歌手として活躍、1983年に発表された「レッツ・ダンス」は全世界で700万枚を売り上げる大ヒット。1月8日の69歳の誕生日にニューアルバム『★』(ブラックスター)を発売したばかりでした。

18451_02

また俳優としても活躍し、1983年に公開された大島渚監督の映画「戦場のメリークリスマス」では、坂本龍一さんやビートたけしさんとも共演しました。

18451_01

デヴィッド・ボウイさんの公式サイトでは下記のように発表されています。

「デビッド・ボウイは、18か月間、がんと果敢に闘ったあと、10日、家族にみとられながら、安らかに息を引き取った」

NHK News Web ーより引用

多くのミュージシャンに大きな影響を与えたアーティスト、デヴィッド・ボウイ。最後のアルバムは全曲がYouTube上に公開されています。

デヴィッド・ボウイの残した最後のアルバム、全曲ご紹介させていただきます。

『★(ブラックスター)』

Blackstar

'Tis a Pity She Was a Whore [Audio]

Lazarus

Sue (Or In a Season of Crime)(Audio)

Girl Loves Me (Audio)

Dollar Days (Audio)

I Can't Give Everything Away [Audio]

1. ★

2. ティズ・ア・ピティ・シー・ワズ・ア・ホア

3. ラザルス

4. スー(オア・イン・ア・シーズン・オブ・クライム)

5. ガール・ラヴズ・ミー

6. ダラー・デイズ

7. アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ

出典
NHK News WebDavid Bowie - Blackstar

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop