武井壮さん、氷水をかぶらず「思いはALSに限らない難病支援などに」

タレントで元陸上選手の武井壮さんが、ロンブー亮さんからアイス・バケツ・チャレンジの指名を受けましたが「思うところあって氷水はかぶりません!」と辞退しました。

その思いを自身のTwitterで伝えているのですが、決してキャンペーンを否定しない、でも自分は自分で学び、考え、判断して、寄付活動を行なっていくというスタンスに共感の声が多く話題になっています。

以下、武井さんのツイートをご紹介します。

知るためのきっかけとしてパフォーマンスが必要な人もたくさんいます。その先を見据え、自分で考え動き出す人もいます。

いずれにせよ、これをきっかけに多くの人が、その先を見据え、自分で考え、動き出せれば今回のお祭り騒ぎは決して無駄ではなかったことになります。すべてはこれから。

出典
Twitter

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop