わずか1%の水でOK!世界最大級の野菜工場が被災地に完成。その美しい姿にも注目

宮城県多賀城市にある「みやぎ復興パーク」。
震災後の産業創出を目的に開設されたこのエリアに世界最大級の「屋内野菜工場」が完成しました。

11097_02

ここで作られるレタスはクリーンルームで育つため無農薬。スペースを有効利用できるため、既存の農法と比べると面積効率は100倍!植物に最適な環境を整えた結果、成長速度は2.5倍!そして使用する水の量はわずか100分の1の量で足りてしまいます。

11097_03

すでに生産ははじまっており、約2,300平方メートルの敷地で1日約10,000株のレタスを生産し、実際に店舗にて販売されはじめています。

人にも環境にも優しく、安心安全で美味しい野菜を被災地から提供する。

復興の歩みは進み続けていますね、今後の成果にも期待しています。

工場を作った皆さんの復興にかける熱い思いが語られる動画はこちら

出典
上を向いて ~被災した街で 新産業を創る~先端農業を日本から世界へ-LED人工光型植物工場

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop