【15日放送】タニタが「滅びの呪文」バルスと対決!負けたら社名が「バルス」に!

出典:@TANITAofficial

2016年1月15日の金曜ロードSHOW!で、宮崎駿監督の人気映画「天空の城ラピュタ」が放送されます。

すでに何度も地上波で放送され、クライマックスの滅びの呪文「バルス」は、ほとんどの人が聞いたことのある言葉。映画で滅びの呪文を唱える時間帯になると、Twitter上ではバルスという一言が大量に投稿されることも。

そんなお祭り騒ぎに、真っ向勝負を仕掛けた「タニタ」が話題になっています。

元ネタはM-1

なぜタニタがバルスと対決しようと決めたのか。それは、去年のM-1グランプリで「タイムマシーン3号」のコントが発端でした。

色々な言葉を太らせたり(借りぐらしのアリエッティ⇒デミグラスのスパゲッティ)、痩せさせたり(ハウルの動く城⇒サウナに長くいろ)するコントの中で最後の滅びの呪文として「タニタ」が唱えられました。

このネタに、体重計など計測機メーカー大手のタニタが便乗。今回の滅びの呪文対決となりました!

しかも、滅びの呪文タニタがバルスを超えたら「バルス商品を作る」とまで公言しています。

さらに、バルスの方が多かったら一日社名をバルスにするとまで…。かなり無茶していませんか?Twitterの中の人が心配ですが、ちゃんと上長の許可はとっているとのこと。

投票で勝負を決めるのか、ツイートのトレンドを見るのか、勝負方法は詳しくわかりませんが、これは放送が違った意味で楽しみになりそうです。

ちなみに、映画内で滅びの呪文が唱えられる時間は、23時15分2秒頃ではないかと予想されています。他にも23時20分頃などの説があるので、余裕をもって待機してください。

この時間前後は、映画もTwitterも要注目ですね!

出典
@TANITAofficial

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop