態度の悪い女子高生がオーケストラに乱入!演奏が始まると…

出典:YouTube

サイモン・ラトルさんが指揮する、ロンドン交響楽団とのコンサートの一幕。

サイモンさんに続いて、ガムを噛みながら歩く、やけに態度の悪い女子高生が登場。

18548_01

出典:YouTube

オーケストラのみなさん、もの凄く白い目でみています…。

18548_main

出典:YouTube

しかし、音楽が始まると一変!外見からは想像もつかない歌声が響き渡ります。

8分ちょっとと長いですが、普通のオーケストラとは違う魅力に溢れた音楽をお聴きください!

実は凄い女子高生

演奏されているのは、ジョルジ・リゲティ作曲のオペラ『Le Grand Macable』中の『Mysteries of the Macabre』という現代音楽。

「擬態語」や「意味の分からない叫び」が含まれており、かなりミステリアスな音楽です。オーケストラの演奏に、新聞紙を丸めて捨てる音を使うなんて、斬新ですよね。

18548_03

出典:YouTube

そんな不思議な音楽を女子高生姿で歌っていたのは、カナダ出身のバーバラ・ハニガンさん、御年44歳。

ジェルジ作品でのパフォーマンスで多大な賞賛を得ており、自身で指揮をしながら歌うこともあるほどの実力者です。

古典的なオーケストラの演奏もいいものですが、こういった「現代音楽」も魅力的!演奏中にちょっと笑いがこぼれてしまう、こんなパフォーマンスが詰まった音楽も楽しいものですね。

出典
György Ligeti - Mysteries of the Macabre - 2015

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop