ほんの少しの行動で。ホームレス男性を救った女性 お礼の手紙に書かれていたこととは

出典:Facebook

ドーナツ屋へ向う途中、店の近くで歌っているホームレス男性を見かけたケイシーさんという女性。

ホームレス男性に対してケイシーさんがとった行動が、彼のある大きなものを救っていたのです。

彼女は、この出来事をFacebookに投稿しました。

ホームレスの男性に出会う

今日、ダンキン・ドーナツに行ったら、小銭を稼ぐために歌っているホームレスの男性がいたの。

最終的に彼はお店に入ったから、小銭を数えている彼に話しかけてみたの。彼は話したくなさそうだったけれど、迷惑がられるぐらい彼に何回も何回も話しかけたわ。

彼は1ドルくらいしか持っていなかったようだから、コーヒーとベーグルを買ってあげて、一緒に座るように促したの。

ホームレス男性が語ったことは…

彼はいろんなことを話してくれた。

ドラッグが彼自身を変えてしまったことや、彼がホームレスだからって、いかに彼に対する人々の態度がいじわるいものかということ。それに、彼のお母さんが癌で亡くなってしまったこと、お父さんに会ったことがないこと。そして、お母さんに誇りに思われるような存在になりたいということも。

この愛すべき男性の名前は、クリスというの。クリスは、私が今まで出会った中でも、すごい誠実な人だった。

手渡された手紙に書かれていたこと

私が授業に戻る時、彼はしわくちゃのレシートに何かを書いて、渡してきたの。汚い文字でごめんねと言って笑いながら去って行ったわ。

読んでみたらこう書いてあったの、

「実は今日、僕は死のうと思ってたんだ。でも今はそんなこと思っていない。君のおかげだよ。ありがとう、君は本当に美しい人だ。」

彼女のFacebook投稿には手紙の写真も掲載されています。彼女の心温まる行いに対し、多くの人々が称賛のコメントを述べました。

諦めずに話かけ、彼の話を丁寧に聞いてあげたことにより、ある男性の”命”という何にも変えられない尊いものを救うことができたケイシーさん。

話を聞くというのはシンプルなことですが、それが一番救いになる助けなのかもしれません。

出典
Facebook

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop