なぜ作った!?アゴがしゃくれた動物フィギュアがじわじわくると話題

『なんかやばいフィギュア見つけた』

この言葉からTwitterで話題沸騰し、その異様なビジュアルと謎の中毒性で、早くも売り切れ続出になっているフィギュアが登場しました。

その名も『シャクレルプラネット』

「シャクレは、進化だ」と謎のかっこつけたキャッチコピーを掲げたこのフィギュア。公式サイトによる『シャクレルプラネット』の説明はこのようになっています。

シャクレルプラネット。そこに暮らす動物たちはみな、シャクレている。 自らのアゴを進化させることで絶滅の危機を乗り越えてきたからだ。
骨もバリバリ。木々もモグモグ。岩もバクバク。 シャクレルプラネット、それはそう遠くはない未来の地球なのかも知れない。

タカラトミーアーツ ーより引用

この動物たちは、アゴがしゃくれたおかげで生き延びたそうです。笑顔の裏に、そんなにも重い設定があったとは…。

シャクレがすごい動物たちは全部で6種類

シャクレルライオン

絶滅の危機ともなれば、百獣の王だってしゃくれます。その横顔は普通のライオンよりも自信にあふれているかのように見えます。

シャクレルシャチ

海の動物だって強靭なアゴに進化を遂げました。このアゴを見ると、かわいい顔をして肉食動物なことをふと思い出させてくれます。

シャクレルパンダ

動物園のアイドルであるパンダだって、手段は選びません。猫背がちょっとカワイイ?

シャクレルワニ

爬虫類も見事にしゃくれてしまいました。通常のワニよりも、かなりアゴの力が強そうです。

シャクレルコアラ

真ん丸な目と大きな鼻の下に伸びるのは…アゴ。絶滅の危機に瀕したせいか、目がどこか遠くを見ているような気がします。

シャクレルミーアキャット

なんとこちらは二体セットです。若干見下したような表情がたまりませんね。

なんて強靭なアゴをもった動物たちなのでしょうか…。よっぽど生きることに必死だったに違いありません。

ちなみに、アゴの造形についてタカラトミーの企画担当と原型師の方は悩みに悩んだんだとか。画像を見ているだけでこだわりが伝わってきます。

Twitterで遊び始める人たちが多数出現

「見ているだけでしゃくれそう…」という声も(笑)

ついには、公式アカウントに動物の提案までする人まで現れました。絵のクオリティ高すぎます!

早速ガチャガチャをまわしてみました

じわじわくるその出で立ちに惹かれてしまった筆者も、シャクレアニマルを手にするべくチャレンジ。

18534_07
18534_08

4回まわして出たのは、ライオン二体とワニ、コアラでした。お目当てのミーアキャットとパンダは見事に外れましたが、この表情を見ていたらなんだかどうでもよくなってしまいました(笑)

思わず「元気ですかぁ~!」「なんだコノヤロー!」と声が聞こえてきそうなこのフィギュア。あなたも卓上に飾れば、目線が合うたびに笑顔になれちゃうかも!?

出典
タカラトミーアーツ@zsxdcfvgbjmkl1@gori_mel2@fukuoka_yocco@yamadamu0416

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop