殺される寸前で救われた犬「夢之丞」 災害救助犬となって広島の土砂災害で活躍するまで

2010年11月、紛争や災害の人道支援をしているNPOピースウィンズ・ジャパン(以下PWJ)のスタッフが広島県動物愛護センターを訪れた。

11147_05

偶然ガス室前にぽつんと置かれたケージの中でふるえる生後3〜4ヶ月の子犬に出会った。ガス室が満杯になり殺処分が延期されたところだった。

災害救助犬訓練開始

PWJはこの子犬の他にも数頭を譲り受け育成を開始した。 処分用ケージの通称ドリームボックスから生還し夢と希望を託す意味を込めて「夢之丞(ゆめのすけ)」と名付けられた。

訓練中の様子などを夢之丞(担当訓練士)がTweetしている。

2012年5月以降、夢之丞はTweetしていない。 訓練が忙しくなったのか、はたまた訓練所のセキュリティチェックが厳しくなったのだろうか。

11147_02
11147_03

広島土砂災害

そして3年以上の訓練や経験を経て育ち、災害現場で活躍する日を迎えた。

11147_04

多数の死者、行方不明者が出た安佐南区八木地区で20日、 ぬかるんだ地面の臭いを嗅ぎながら、夢之丞が勢いよく駆けていった。 倒木に押し潰された民家のそばで立ち止まると、訴えかけるような表情で操作者をじっと見つめた。

ここに人がいるかもしれない

捜索隊が確認すると、中から男性の遺体が見つかった。

この話題は、各種メディアでも大きく取り上げられた。

夢之丞はいまも災害現場の過酷な環境で、頑張っている。そして夢之丞を育てたPWJは、殺処分ゼロを目指し、救助犬を育成するプロジェクトなど日々の活動を続けている。

また、広島の土砂災害に、災害救助犬2頭(ゴールデンレトリバー、雑種)とレスキューチーム(PWJスタッフら7人で構成)を派遣した、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)への寄付は、Yahoo!ネット募金で受け付けています。

Yahoo!ネット募金
出典
ピースワンコ・ジャパン @PWJYumenosuke on Twitter PWJ ワンだふるサポーター 毎日新聞

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop