祖母を置いて逃げた…震災の傷あとに苦しむ女の子へ、心療内科医の言葉

読売新聞の「人生案内」欄には、人生についての相談と、専門家からの回答が連載として掲載されています。

東日本大震災から5年経ち、ひとつの投書が注目を浴びています。掲載されたのは、震災の年の6月ごろのようです。

タイトルは「祖母を置き逃げた自分呪う」。大学生の女の子の相談に対し、心療内科医が回答しています。

掲載されていたのはこのような内容です。

女の子からの相談

(津波から)私は祖母と二人で走って逃げていた。祖母は途中で走れなくなり、おぶってあげると言っても頑なに拒み、先に行けと言う。

私は一人で走って逃げた。

3日後、祖母は遺体で発見された。気品があって憧れていた祖母は、魚市場の魚のように体育館に転がされて、人間の尊厳などない姿だった。

祖母を見殺しにした自分を、一生呪って生きなくてはならないのだろうか。毎日が苦しい。

心療内科医からの回答

祖母を見殺しにしたとは、私は思えない。

おばあさまは、背中におぶさったら二人とも助からないと考え、自分の意思であなたを先に行かせた。その判断力のおかげであなたは生き抜いた。

人はどんな姿になっても尊厳を失ったりしない。おばあさまは誇りをもって人生をまっとうされた。その素晴らしさはあなたの中に受け継がれている。

おばあさまが生きていたらかけたい言葉、してあげたいことを、今周りにいる人にしてあげてほしい。それが憧れだったおばあさまの心を生かす道。

この相談を見た人々からは、先生の回答が素晴らしい、との声があがりました。見て早々、涙してしまった…とも。

回答を見て、女の子の心が安らかになったことを願わずにはおれません。

「人生案内」は、辛い時に見返すと力になると、心に響いたものを切り抜いてとっておくという人も多いそうです。書籍にもなっていますので、迷ったときに「こんな見方もあるのか」と気づきを得る道しるべとして、手に取ってみてはいかがでしょうか。

出典
@gorie666@115secca@kiyoyo0212@niconicousagi1

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop