魔法学校は日本に存在した!ハリー・ポッター作者が明かすその全貌とは

出典:Wikipedia

大人気小説『ハリー・ポッターシリーズ』で、主人公・ハリーたちはイギリスにある魔法学校『ホグワーツ』に通っています。

作者のJ・K・ローリングさんによると、ホグワーツの他にも魔法学校は多くの国に存在するのだとか。

2016年1月30日、J・K・ローリングさんのホームページで日本に魔法学校が存在することが発表されました!

その名も『Mahoutokoro(マホウトコロ)』。意外とそのままな意味の学校名ですね(笑)

魔法学校『マホウトコロ』は、東京都の小笠原諸島にある無人島『南硫黄島』頂上部にあるのだそう!

18962_01

出典:Wikipedia

南硫黄島は日本の中でも貴重な動物が多く生息しており、雄大な自然が魅力的な島。神秘のオーラに包まれたこの無人島なら、魔法学校があってもおかしくありませんね!

ホームページに書かれている情報によると、マホウトコロの特徴はこの通り。

  • 世界の魔法学校の中で、一番生徒数が少ない
  • 7歳から入学することができる
  • 建物は白いヒスイで作られている
  • 成長とともにサイズの変わるピンク色のローブが支給され、成績によって色が変化する。
    成績のよい生徒のローブは金色に輝き、悪さをした生徒は白になる
  • 魔法の箒を使ったスポーツ『クィディッチ』が世界的に強い

なんだか、この学校だけで物語が書けてしまいそうな設定ですね!クィディッチが強いだなんて、かっこいいです!

ちなみに、魔法学校は世界に11校あるのだそう。『マホウトコロ』の他にも、ブラジルの『Castelobruxo』とアフリカの『Uagadou』の存在が公表されていました。

まだ公表されていないのは、残り4校。一体どのような魔法学校なのか非常に気になりますね♪

出典
WikipediaPottermoreFacebook

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop