水木しげる先生のお別れ会 参列したさかなクンの帽子に込められた想い

2016年1月31日に行われた、水木しげる先生のお別れ会。そこに参列したさかなクンが、トレードマークの帽子を被って現れたことが話題になっています。

黒いハコフグ

帽子を被って参列したことに対し「非常識だ」と、批判の声もあがっています。

しかし、いつもは青いハコフグの帽子を、今回は黒くして参列。喪に服す、さかなクンの水木先生への想いが伝わってくるようです。

実はさかなクンは、魚を好きになる前から妖怪が大好きでした。

幼少期、特に好きだった漫画家は水木しげる。その後、魚に興味を抱かなかったら「妖怪クン」になっていただろうと話す。好きな妖怪は「やまびこ」。

Wikipedia ーより引用

さかなクンは水木先生に実際に会ったとき、自分が描いた「やまびこ」の絵を見せました。すると「うまい絵を描くね。(白衣を着ていたので)君は妖怪医者だ」と名付けてもらったのだそうです。

また、さかなクンの口グセの「ぎょぎょぎょ」は、水木先生の漫画のセリフから来ているのだとか。

このことからも、水木先生への気持ちは特別だったことがわかります。

好きなことをやりなさい

水木先生の言葉は、好きなこと、自分の信じる道をひたすら進むこと。さかなクンの姿と重なっているように思えます。

さかなクンの正装

故人に対する想いは人それぞれです。もちろんその場に合った服装などあるとは思いますが、自分らしさを貫くさかなクンのことを、水木先生は笑って迎えてくれていのではないでしょうか。

出典
@colagby@spiritup2011@HrenXxx@yamadasekijin

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop