見捨てるなんて出来なかった。森でみつけた子猫を守り続けたシーズーのお話

2013年3月、サウスカロライナ州の動物管理官、ミッシェル・スミスさんの元に一件の電話が届きました。その電話の内容は「土手から犬の鳴き声がするから調べて欲しい」という内容。彼女は地元の犬が身動きできなくなってしまったのだと考え、犬の鳴き声を頼りに犬の姿を探し始めました。

11169_07

そして無事にシーズー犬を発見したのですがその時彼女は非常に驚く光景を目にします。なんとシーズーは動けなくなっているわけではなかったのです。

なぜ動けるのに助けを求めるように泣き続けたのか。それは一緒にいた子猫のためでした。

シーズーは子猫に守る為にその場から動くことなく、更には自分のミルクを子猫に与えていたのでした。

11169_04

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop