台湾南部でM6.4の地震 多数のビルが倒壊し被害は甚大(2016.2.6)

6日午前3時57分ごろ、台湾南部の高雄市を震源とするマグネチュード6.4の地震が発生しました。

この地震で台湾南部を中心に広い範囲で揺れが観測され、震源から40キロ離れた台南市内では、少なくとも7つのビルの倒壊を確認。多数の人がビル内に取り残されているとのことです。

19100_01

ビルには100人以上の人が取り残されており、現在も救出活動が続いていますが、3人の死亡が確認されたと伝えられています。台南市は1500人態勢で救助活動を続けています。

19100_04

現地からの映像では、建物の損壊が激しく、ビル1階が押し潰されるように倒壊し、道路上の車が下敷きになるなどの様子が映しだされ、懸命の救助活動の様子が伝えられています。

19100_03

台南市以外の被害の詳しい状況は、現在のところ明らかとなっていませんが、台湾では6日より1週間の旧正月休みをむかえたばかりの出来事でした。一刻も早い救助がされることと、被害がこれ以上大きくならないことを祈るばかりです。

19100_02

また、台湾からは「東日本大震災」に際し多大な支援をいただいています。今度は日本からのいち早い支援が望まれます。

grapeでは、先日、個人で10億もの寄付金を送っていただいた、張栄発さんの訃報をお伝えしたばかりでした。彼をはじめ多くの方に、あの時いただいた支援の事実を伝え、いま私たちができる最大現のお返しをしなければならないと感じます。

出典
REUTERS

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop