改正道路交通法が9月1日から施行!知っておきたい「環状交差点」の交通方法

欧州で普及する信号機のない環状型の交差点(ラウンドアバウト)が、平成26年9月1日、道路交通法の改正により、交差点として位置付けられました。

環状交差点は、道路の交差部が円形(環状)になっており、交差点へ進入する車はすべて時計回り(左折)で侵入し、交差点を回りながら目的の方向へ左折して抜けていくことになります。

11192_02

日本でもいくつかの自治体で導入され、社会実験を行っていましたが、平成26年9月1日より、道路交通法で規定された「環状交差点」として適用されることとなります。宮城県や東京都など合わせて34か所に適用され、本年度中に新たに15ヵ所の導入を予定しているとのことです。

改正道路交通法では進入時や環状交差点内での徐行が義務付けられており、環状交差点内の車両の通行が優先されます。信号が不要なために災害時等の交通混乱を防げるほか、事故の防止にもつながるとのことです。

運転中に急に『環状交差点』に遭遇して慌ててしまわないように、交通方法について一度確認をお願いします。

環状交差点の交通方法

  • 進入時のウィンカーは不要とされています。
  • 進入時は右から来る車(回っている車)を優先し、徐行で進入。
  • 交差点内は常に徐行し左寄り(側端)を走行。
  • 目的の方向に差し掛かる手前で、左ウィンカーで左折する意思表示を
  • 歩行者の通行を妨げないように注意

実際の交差点の様子

導入のメリット

交差点での事故といえば「右折車と直進車の衝突事故」がありますが、環状交差点はすべてが左折進入となるため、基本的にこの事故が発生しません。また、進入時に速度が下がるため、大きな事故に繋がりにくいメリットがあります。

交差点には信号機が無いため、災害などで電源が失われた状態でも、交差点の混乱も避けられ、人員の配置も不要となります。

導入のデメリット

交通量の多い交差点では逆に渋滞が発生してしまう可能性があるようです。出口側の道路が詰まってしまうと、他の方向へ行きたい車が身動きが取れなくなるような状況が発生するようです。

この動画の交差点、本来は目的の方向へ渋滞で出られない車は、他の方向への車の妨げにならぬように、周回をしないといけないのかもしれませんが、難しいところですね。

環状交差点リーフレット

環状交差点についてイメージをしていただけましたでしょうか。

新しい交差点のルールとなりますので、ドライバーさん一人ひとりの認識が、事故を防ぎ、安全な交通環境へと繋がるかと思います。車やバイクを運転されるご友人へも、ぜひ情報共有してください。

出典
環状交差点の交通方法写真

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop