認知症になっても忘れない事。おばあさんの記憶と孫の言葉に涙があふれる。

お寿司を囲んで食事する幸せそうな家族。しかし、実はこのおばあさんは認知症の為、家族のことがわかりません。

悲しく切ない空気が家族の間に流れる中、お寿司をきっかけにおばあさんが昔の記憶を語り出します。

それはたとえ認知症になったとしても忘れられない、大変だったれども幸せな日々の思い出でした。

11112_02

いつも面白CMを製作する「銀のさら」が突然の路線変更!
まったく、やめて欲しいです。涙がこぼれてしまうじゃないですか。

出典
銀のさら,【感動cm】銀のさら 母と子篇

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop