口パク疑惑のビヨンセ。その会見後、記者全員が彼女のファンになった理由とは

2013年に行われたオバマ大統領の2度目の就任式。ビヨンセさんは見事なアメリカ国歌を独唱しました。

しかし、後に「この時の歌は口パクなのでは?」という噂がひろまり、それに対してビヨンセさんもコメントを避けたため、大きな問題となりました。

就任式の映像はこちら

結果としてはこの時のビヨンセさんは口パクでした。

しかし、海兵隊バンドとリハーサルをとる時間もなく、摂氏4.4°という気温の低さ等の悪条件が重なり、問題が発生して主役のオバマ大統領に迷惑がかかるのを避けるために取られた口パクでの対応だったのですが、世間の怒りは収まらずビヨンセさんに説明を求めました。

そこでスーパーボールの記者会見の際にビヨンセさんは、この件に関して説明をすることに。その時の対応が実に見事と話題になっています。

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop