拍手喝采! 指揮者も驚いた、オーケストラ本番前の素敵な一幕とは

ドイツを代表する楽団である、バイエルン放送交響楽団。その演奏会で素敵な一幕が見られました。

演奏開始前の、コンサートマスターによるチューニングも終わり、大きな拍手で迎えられながら主任指揮者のMariss Jansons氏が登場。

するとその瞬間、彼を驚かせる出来事が…!

73歳の誕生日を迎えた彼へ、楽団のメンバーから粋なサプライズ。オーケストラの荘厳な音色で奏でられるバースデーソングの、なんと豪華なこと…!

また、オーケストラならではのアレンジがされたHappy Birthdayに、いつもは厳格な表情の彼も、思わず頬を緩めます。

Mariss氏の最高の笑顔と素敵な演奏に、観客の方々も拍手喝采。見ているこちらまで嬉しくなるような演奏会、Mariss氏にとっても思い出に残る1日になったのではないでしょうか。

出典
Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop