人間に飼育放棄され凶暴になった犬…保護されて数週間後、その姿に涙する

出典:YouTube

「ペットショップの入り口に、一匹のゴールデンレトリバーが放置されていました。
二週間店で飼い主を待ったのですが、一向に現れません…」

この報告を受けた、動物保護団体『特定非営利活動法人ラブファイブ』

きっと心ない飼い主が、犬を繋いだまま飼育放棄したのでしょう。保護団体の職員は、早速犬の元へ向かったのです。

心に傷を負った、一匹のゴールデンレトリバー

職員の方の目に飛び込んできたのは、人間不信に陥り、ケージの中から牙を剥き出し威嚇する犬の姿でした。

『非常に温厚な性格で、飼い主への忠誠心が強い犬』と言われているゴールデンレトリバー。しかし、そんな性格の犬ですら人間の勝手なエゴで性格を歪ませてしまったのです。

少しでも手を差し出そうものなら、瞬時に噛みついてくるであろう状態…。

それでも、保護団体の方々はこの犬を新しい家族と出会ってほしい一心で、毎日犬に接し続けました。

それから数週間後…

そこには、保護団体の職員の方と仲良く遊ぶ犬の姿が!

人間に対して牙をむいていたあの犬が、人間に対してしっぽを大きく振ったり、お腹を出したりしています。

きっとこの明るく人懐っこい性格こそが、この犬の本来の性格だったのでしょう。

もし人間不信を克服することなく凶暴なままだったら、殺処分対象になる可能性があった一匹の犬。

心の傷はまだ完全には癒えてはいないかもしれませんが、これから素敵な家族と出会い幸せな人生を歩むことを祈っています。

19602_02

出典:YouTube

19602_03

出典:YouTube

出典
【飼育放棄】狂暴です。飼主に捨てられた子の保護時の様子【飼育放棄】狂暴だった子。ここまで心を開きました!

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop