iWatchならぬApple Watchが iPhone6とあわせて発表! 画像で紹介

ずっと噂され続けていた新デバイス、iWatch が Apple Watch の名前でついに発表されました。発売は2015年とまだ先ですが、最新画像をご紹介します。

11264_13
11264_11

iPhoneとの連携により、メールの通知や電話、Siriの利用や、GPS機能と連携した地図表示などが可能です。また、カメラやiTunesなどのリモコンとしての機能も当然ながら持ち合わせています。OSは専用OSが搭載されるとのことです。ディスプレイ部には、タッチ対応のRetinaディスプレイ採用(サファイアガラス *一部除く)。

左側面に装備されたクラウン(リューズ)は、クリックホイールのような操作を可能とし、タッチ操作では難しい細かな設定調整や、マップの拡大/縮小などを操作することができるとのこと。

11264_12

背面には赤外線/可視光LEDライトと光センサーを搭載。心拍数の計測や加速度センサーとiPhoneの組み合わせにより身体運動を測定することができ、測定データをアプリと組み合わせることにより、ヘルスチェックデバイスへとして機能します。

11264_14

また、「Taptic Engine」と名称された機能を搭載し、手首を軽く叩くという通知機能も搭載されています。ディスプレイをタッチすることで他のユーザーへの通知を行うことができるコミュニケーション機能も搭載。肩を叩いて呼び止めるような感覚ですね。

3モデルをライナップ

11264_15
11264_01

モデルは、写真左から、標準モデル、スポーツモデル、高級モデルの3つがライナップされ、ケースサイズは38ミリと42ミリの2つが選択可能なようです。サイズの違いは腕時計にある男性用、女性用という感じなのかもしれません。

Apple Watch

ステンレススチール、またはスペースブラックのステンレススチールのケース。ディスプレイはサファイアクリスタル。幅広いラインナップのスタイリッシュなバンド。

Apple Watch SPORT

シルバーまたはスペースグレイの酸化皮膜処理されたアルミニウムケース。ディスプレイは強化されたIon-Xガラス。カラフルで耐久性の高いバンド。

Apple Watch Edition

ケースはイエローまたはローズの18kゴールド。ディスプレイはサファイアクリスタル。洗練された仕上がりを持つバンドとバックル。

美しい18Kローズゴールドモデル

11264_09

バリエーションは、最高に多彩

素材の違うカラーが6色。本体とバンドの組み合わせて自由な表現が可能です。

11264_10
11263_44
11263_32
11263_78
11263_77
11263_42

ベルトの種類も多彩です。

11264_05
11264_04
11264_03
11264_02

文字盤

文字盤の種類はすべての組み合わせをあわせると200万通り

11264_08
11263_71

指で書いて伝える

文字盤に指で書いて伝える、新しいコミュニケーション。遊び心も忘れません。

11264_07

充電

11264_16

充電は背面部へコネクターをはめ込む形になっており「磁石で吸い付く」という感じになります。AppleのMagSafeテクノロジーと電磁誘導充電を組み合わせたアイデアです。充電時間、稼働時間については明らかにされていません。どれぐらい充電が持つのかはかなり重要なポイントとなりそうですね。

価格/発売時期

価格については全てについて明かされず「価格は349ドル(3.5万円〜)から」とだけ伝えられました。発売は2015年初頭とのことです。

Apple オフィシャルトレーラー

iPhone6/ iPhone6plus

同時に発表された「iPhone6」の情報はこちら

11263_83
出典
apple.com

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop