地震の数日前に現れる怪しい雲に要注意?twitterの地震雲の観測報告画像

16日12時28分ごろ、茨城県南部を震源としたM5.6の地震がありました。 震源の深さは50kmで栃木県、群馬県、埼玉県では震度5弱が観測されています。

地震雲とは大きな規模の地震から2~3日前に現れることが多いとされる雲です。画像の真偽は不明ですが、ネット上に多くの地震雲と思われる画像が公開されて話題となっています。

地震雲の現在の信憑性や、仮説についての状況はwikipediaなどでご覧ください。

2014.09.15 06:30 公開

11325_01

2014.09.15 04:33 公開

11325_02

2014.09.14 18:02 公開

11325_03

2014.09.15 16:40 公開

11325_04

2014.09.15 06:41 公開

11325_05

2014.09.15 05:51 公開

11325_06

2014.09.15 16:53 公開

11325_07

2014.09.14 18:14 公開

11325_08

地震発生後にも多く報告の画像が公開されていますが、今回は1日前と2日前のものだけに絞り紹介させていただきました。

地震雲と言われている現象は観測報告が多く この3日の間には観測報告が特に多くあがっていますが、 集計者が地震をトリガーに集計を行っているからではないかとの話もあり、 また、他の雲の現象と間違われる事が非常に多いので、 あまり予知としての信憑性はないのかもしれませんね。

■地震雲の信憑性について

地震雲肯定派は、地震と雲の出現に相関関係があるとされるものの多くは擬似相関に過ぎない普通の雲だが、ごく少数の報告は地震と雲の出現に因果関係があるとしている。一方、地震雲否定派は、報告されている地震雲すべてが、地震と雲の出現は擬似相関である、つまり偶然の一致だとしている。

wikipedia ーより引用
出典
twitter 00 01 02 03 04 05 06 07 08

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop