Twitterで超話題『世界残業デー』ってなに? 今日はノー残業デーなのに…

Twitter上で9月17日『世界残業デー』と記載されたカレンダー画像が話題となっています。残業デーとは…働きまくれという日なのでしょうか。

そして、9月17日は水曜日『ノー残業デー』でもあります。『世界残業デー VS ノー残業デー』の熱い戦いが!

9/17が「世界残業デー」な意味は、「9時~17時」までの8時間労働からきているようです。

grapeでも本当にそのような日が設定されているのか調べてみましたが、見つけることができませんでした。公式に設定されているものではないようですね。

画像について調べたところ、漫画「よつばと」の公式アイテムとして発売されてるカレンダーのようです。

よつばとひめくりカレンダー

「よつばと! 」のイラストをたっぷり使った、毎日しっかりめくれる4月始まりのスクールカレンダーです。 描き下ろしイラストを含む全365日をお楽しみください。 企画・制作:よつばスタジオ 特別付録:月めくり卓上カレンダー

そもそも『ノー残業デー』ってなに?

多くの企業で水曜日を『ノー残業デー』として定時に退社するように指定しているところが多いようですが、「残業なしで楽をしようー」という日ではありません。他の曜日よりも効率的に働くことにより、仕事の進め方を見直すきっかけ作りや、仕事後の時間を有意義に過ごすことが目的の日です。

週に1度でも早く帰れる日があるというのは、メリットが多いようですが、「ペナルティがないので守られない」、「会社での飲み会が実施されるので、結局働いているのとかわらない」などの声もあり、制度そのものが形骸化してしまっている企業もあるようです。

海外の方からすると、「『ノー残業デー』があるということは、それ以外の曜日は残業が当たり前になっているという考え方が理解できない。」といった印象のようです。

全ての曜日とは行かないかもしれませんが、残業をしなくてもよい効率的な働き方について、ノー残業デーに考えていきたいですね。

出典
twitter.comよつばとひめくりカレンダー

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop