ベネッセ情報漏洩『お詫び通知が』届き『どういうつもり?』と炎上中

2014月7月に発覚した株式会社ベネッセの顧客情報2,895万件が、グループ会社を通じて漏洩した事件。

ベネッセが以前から公言していた通り、500円相当のお詫びの案内をする書面が被害者に届き始めた。すると、その書面の内容に違和感を感じた多くの人がSNSに投稿し、半分呆れムードの炎上騒ぎになっている。

その問題の書面とTwitterへの投稿がこちらです。

見てびっくり。

Aお詫びに500円

Bベネッセ子供基金に寄付をってお前!!

情報漏洩して寄付をってどういうつもりなんだろうか?

ネットの反応

  • ベネッセ神経図太いにも程があるだろwww
  • ベネッセの人たちは「お宅のお子さんの情報、500円差し上げますんであちこちに転売させてください」って言われたら応じるのかな???
  • ベネッセこども基金、開示された内容が浅すぎて、官僚の天下り先作ったみたいに感じるんだけど
  • 500円はなめてるけど寄付はさらに意味がわからない
  • うちにも届いた、ものすごい違和感( `_ゝ´)"
  • ベネッセこども基金へ500円寄付も選べるよ♪だってさ。( ̄Д ̄)ノ~□ポイ

多くの人がこのタイミングでお詫びの書面に、こんな選択肢をいれてくるベネッセの考えが理解できないと感じているようです。

せめて、お詫び500円を受けとる代わりにベネッセの基金に500円を寄付する、ではなく500円のお詫びとは別に、お客様が希望されれば追加でベネッセが負担して寄付もさせていただきます。

くらいは、やらなければ神経を逆なでするだけでしょう。

わたしの子どもたちの情報も漏洩したのですが、わたしは情報漏洩自体には特になんとも思っていませんでした。 むしろ、今回の事後対応にこそ違和感を感じました。

顧客に対する企業の姿勢、考え方が色濃く反映している気がしてなりません。

出典
Twitter

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop