中国人転売集団による割り込み横行!iPhone 6」発売でAppleストア大混乱

19日販売が開始された「iPhone 6 / iPhone 6 Plus 」。アップルストア銀座をはじめ、各地のアップルストアで行列の様子が朝のニュースで放映されているが、現場では混乱が起きていた。

列の半分以上が転売を目的とした中国人とそれに雇われたと思われるホームレスで埋まっているというのだ。しかも、アップルストア銀座で40番目付近に並んでいた中国人の元に続々と他の中国人が現れ、中国人団体が割り込みを平然と行っているとのこと。

また、深夜4時に列に横付けした車から大音量で音楽を流しみんなで大合唱する、ゴミは捨てまくる、道を塞ぐなど、その目に余る行動で再三注意を受けるものの、聞く耳を持たいない。

発売開始時に40番目だった人が、「人数が増えて120番目になるのはどういうことか」と、Appleストアに抗議し、ストアスタッフ、中国人団体、その後ろになったグループが揉め、警察が出動する事態となっている。

中国人転売屋の元締めはワゴン車に乗り全体を指揮している模様。各人に封筒入りの現金を配っているのが目撃されている。さらに、元締めから受け取った現金を持って逃げた人間がいたようで、それをさらに中国人が追いかけるというドタバタ劇。

中国ではiPhoneが4倍近い価格でも売れるという状況のようで、SIMフリー版のiPhone 6 / iPhone 6 Plusを定価以上の価格で買い取るチラシも出回っている。

アップルストア心斎橋では、iPhone6が売り切れて買えないことに怒った中国人グループが暴れ、警官50人、パトカー9台が出動する騒ぎになった。店内に約30人ほど、店外に100人ほどの中国人が押し寄せ、「中国からきた、48時間待って買えないとはどういうことか」と、大声で騒ぎたてた。下の動画は暴れる直前のものだ。

アップルストアも例年は紙で行っていた整理券の配付を、転売屋の状況を確認し、対策として突貫で電子整理券システムを開発したとのこと。登録された電話番号、メールアドレスに対して2台のみ購入可能で、有効な電話、メールがなければ購入できない仕組みになっている。

毎回行列ができるiPhoneの新型発売だが、魅力のある商品だけに混乱は避けられない状況だ。長時間並んでいた、真のAppleファンのためにも、今後のさらなる対応が望まれる。Appleファンにとってのお祭が気持ち良いものでありますように

出典
twitter

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop