噴火1分前、頂上付近の写真を投稿していたTwitterユーザー無事下山の報告

御嶽山の噴火で、心肺停止の登山者が31人も確認され大惨事となっている中、噴火の1分前に山頂付近と思われる写真を投稿してからツイートもなく、安否がわからなくなっていたTwitterユーザー『enari @setori_』さんが、本日16時40分に下山報告を自信のアカウントに投稿しました。

現在、アカウントは鍵がかかっており、フォロワーしか見られない状態ですが、「皆さん、ご心配おかけしましたが、今朝無事下山しました。このアカウントは削除いたします。」とのメッセージが投稿されている。

被害状況が明らかになっていくなかで、だれもが心の中では諦めかけていた状況だっただけに、本当に嬉しい下山報告となった。

現在、まだ行方のわからない方や、重体の方も、ご無事であることを心よりお祈りしています。


補足

enariさんがアカウントを削除することを疑問に思われる方がいらっしゃるようなので、追記します。

enariさんのアカウントには、心ない方より中傷のコメントが送られたり、偽アカウントが登場したり、アカウントを売って欲しい、取材申し込みなど相当荒れた状態になっていいました。
ここからはenariさんの言葉ではありませんが、望まないかたちで有名になってしまったアカウントでは、ご自分のペースで個人的にTwitterを楽しむことができなくなってしまったためだと思われます。

出典
Twitter

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop