【なんで?】赤ちゃんが泣くたび乗客が笑顔に! 航空会社の粋なサプライズに称賛の声

日本でも度々、話題になる「赤ちゃんを飛行機に乗せる際のマナー」という問題。

「赤ちゃんは泣くのが仕事」などと言われますが、実際に狭い機内で泣かれてしまうと、気になってしまう人もいるはず。

状況はアメリカも同じで、「自分の隣には来てくれるな」と心の中でつぶやいているかのような表情の方もいらっしゃいます。

21193_01

通常、2歳未満の乳幼児が飛行機に搭乗する場合、両親の膝の上に乗せるのが一般的。しかし、非日常的な閉鎖空間に連れて来られた赤ちゃんが静かにしていられるかどうかは分かりません。

それこそ「飛行機が飛んでみなければ分からない」の世界ですよね。

赤ちゃんを抱いた1人のママが搭乗

ニューヨークのJFK空港からLAロング・ビーチ空港へと向かう飛行機に1人のお母さんが乗り込んできました。手にはまだ小さな男の子。

21193_02

周囲の乗客はどこに座るか気になっている様子。露骨に嫌な顔をしてヘッドホンをする人もいます。

21193_03

ちなみにアメリカのある調査会社が行ったアンケートによると、こんな興味深い結果が出ています。

「機内で泣いている赤ちゃんに対してはどうすることもできない」
→約60%の人が理解している

「機内で泣いている赤ちゃんに少なからずイライラさせられる」
→約40%の人が経験がある

やはり建前では「仕方ない」と思いつつも、本音では「イヤだな」と思っているのかもしれません。しかし、そんな周りの乗客の憂鬱を解消するかのようなサプライズ企画が、アメリカ国内線LCC「JetBlue」で行われ、話題となりました。

どんな企画なのかは動画でご確認ください。

離陸した飛行機でCAがアナウンス

飛行機が離陸すると、おもむろにCAがアナウンスを始めます。

「このフライトには特別なサプライズが仕掛けられています。その名も『Fly Babies』。目的地に到着するまでに子供泣いたら1人につき、次回の航空券を25%オフします。つまり、4人の子供が泣いたら次回の航空券は無料になります」

21193_04

先ほどまで露骨に迷惑そうな顔をしていた大人たちも、心なしか優しい表情に変わったように見えます。

21193_05

1人目の赤ちゃんが泣くまでに、それほど時間はかかりませんでした。早速、25%オフを告げる「ボ~ン」という合図が機内に響きます

21193_06

続いて2人目の赤ちゃんが泣き出します。普通ならお母さんは肩身の狭い思いをするはずなのに、なんと機内からは拍手が聞こえてきます。

そして、3人目が泣き始めた頃には、大人たちの表情が緩みっぱなしです。航空券が75%オフになる機会など、そう頻繁にあるものではありませんよね。

21193_07

ここまで来ると、もう1人泣いてもらって次回の航空券が無料になることを期待してしまうのが人間というもの。次はどの子が泣くのかと大人たちがそわそわしています。

そろそろ着陸態勢に入ろうかというタイミングで、赤ちゃんが急にグズり始めます。お母さんに抱かれて搭乗して来た、あの小さな男の子です。

そして、ついに…

21193_08

4人目の赤ちゃんが泣き出し、同じ飛行機に同乗したすべての人が、次回航空券無料の権利を手に入れます。

乗客からは拍手喝采。最後に泣いた男の子はハイタッチまで求められています。

21193_09

何かが気に入らなくて泣いた赤ちゃんにしてみたら、迷惑な話かもしれませんが、不思議と周囲の大人たちの笑顔で、赤ちゃんも泣き止んでいます。お母さんの顔もどこか誇らしげですね。

航空会社の粋なサプライズ

実は、このサプライズ企画は周囲の大人たちのために行われたものではありません。

母の日に合わせ、いつもは肩身の狭い思いをしている、小さな赤ちゃんのいるお母さんのために行われた1日限りのキャンペーンだったのです。

21193_10

きっと乗り合わせた大人たちは、無料航空券だけでなく、機内で赤ちゃんが泣いても笑顔でいられる心の余裕も手に入れたのではないでしょうか。

出典
JetBlue│FlyBabies

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop