『電車の風で髪がなびく』画期的な広告。込められた真のメッセージが胸に刺さる

地下鉄のホームに設置された、デジタルサイネージ広告。電車の振動を感知して、巻き起こる風と同じタイミングで、女性の髪がなびくという手法が斬新で、一時話題となりました。

まずはこの動画をご覧ください。

これだけ髪がなびいても綺麗にまとまる、というのがウリのヘアケア用品の広告です。

11528_02

その後、この広告の「パロディ」で作られた広告。それが見た人々の心を揺さぶるものとなっています。

電車の風とともに女性の髪がなびくのは同じです。しかしその風が、女性の髪を全て吹き飛ばしてしまいます!笑いながら見ていた人々も、真顔に。

実はこの女性、14歳でがんに冒されて髪を失ってしまいました。このパロディ広告には、幼いながらがんと戦う子どもたちに寄付を募るメッセージが込められていたのです。

11528_03

「パロディ」に、こんなにも心に訴えかけるアプローチがあったなんて。おもしろおかしく見ていたあと、ハッとするメッセージに気付かされるという手法。そのメッセージはより深く、見た人の心に刻まれたことでしょう。

出典
Apotek Hjärtat - Blowing in The WindA hair-raising message

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事











検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop