ご存知ですか?車の夜間走行は原則ハイビームでないと違反となること

11534_01

車、バイク、原付を運転されるドライバーさんは、夜間の走行時、ライトの向きは上向き、下向きどちらにしていますでしょうか。

筆者は、基本はロービーム、街灯が暗く見通しの悪い道で、周囲に車もいない場合のみハイビームを使用しています。街中を走ることが多いため、ハイビームを使用する頻度はそう多くありません。しかし、これはどうやら間違った使用方法だったようです。

道路交通法上は原則ハイビーム

道路交通法、第五十二条では、原則的にハイビームを使用し、対向車がいる場合や、前を走る車がいる場合には、運転の妨げにならないように減光するよう定められています。ヘッドライトは、ハイビームこそが通常モードで、ロービームは減光モードということになります。また、逆に減光を怠った場合も違反となります

街灯がある比較的明るい道路でも、対向車や先行車がいなければ、基本はハイビームが正しいということになります。

都会では常に対向車や先行車がいるため、基本ロービームとなることが多いですが、ロービームが周囲に対応して自ら切替えたモードだということを頭に入れておく必要があります。

ハイビームであれば防げた事故を例にあげ、いくつかの県警察では「ハイビーム指導」を行っているところがありますが、この指導に「逆に危険なのでは?」という困惑の声も上がっています。ただし、ハイビームとロービームでは夜間の視認性の差は明らかです。

ハイビームとロービームの安全性の違い

ヘッドライトにより照らされる距離は、ハイビームが100m、ロービームが40mとされています。

時速60km(秒速16.6m)で走行中に障害物に遭遇した場合、発見から1秒でブレーキを踏めたとしても、ブレーキが効いて車が停止するまでに約37mの距離が必要です。発見のタイミングや路面の状況によっては、とても危険な状況になることが想像できます。下記はロービームの危険性を実証した動画です。

見えない!止まれない!ロービームの限界を知る

しかし、原則はハイビームだとしても、ローへの切り替え忘れで、対向車のドライバーを眩惑してしまい逆に危険な可能性もあります。また、歩行者や自転車などが眩しいという問題も生じるでしょう。周囲に対応してこまめにロービームへ切り替えることが必要となります。

この面倒な切り替えを将来しなくても済む、もはやハイだローだと意識しないで済むかもしれない技術開発が進められています。

ヘッドライトの技術開発

過去にも対向車が来たらローへ切り替えるという仕組み自体は一部の車に搭載されていましたが、近年では周囲のドライバーを眩惑をしないための防眩システムを搭載したヘッドライトの開発が進められています。

防眩システム搭載のヘッドライトは、小糸製作所が開発した配光可変ヘッドランプ「ADB」が2012年より市場投入されており、トヨタのレクサスやクラウンなど一部の車両に搭載されています。対向車や先行車など周囲の状況をカメラで識別し、眩惑が起こらないように自動的に照らす方向や明るさなどを調整します。

ADB(配光可変ヘッドランプ)の効果

2014年10月6日には、マツダが国内自動車メーカーとしては初めて、LEDアレイ方式グレアフリー(防眩)ハイビームを採用した新世代ヘッドライトシステム「ALH」を開発したと発表しました。

LEDによるハイビーム光源を4つのブロックに分割し個別に点消灯することが可能となっています。フォアード・センシング・カメラで対向車のヘッドランプや先行車のテールランプなどを検知すると、その部分に照射しているLED光源のブロックのみを消灯します。これにより対向車や先行車のドライバーを幻惑させることなく、常時ハイビームポジションでの走行が可能となり、夜間走行における視認性を向上させています。

【MAZDA】マツダ ーより引用

海外メーカーでも同様のシステムの導入が進められていますが、これらのシステムが普及レベルに達するには、まだ数年は必要になります。

基本はハイビームで夜間走行の安全性を向上し、ロービーム時には特に速度に注意。周囲の車両や歩行者とのコミュニケーションと配慮を大切に、安全運転を心がけてください。

出典
見えない!止まれない!ロービームの限界を知るADB(配光可変ヘッドランプ)の効果

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop