ぶつけちゃった〜!車の凹みはドライヤーでなおるって知ってた?

車を運転していると、ぶつけてバンパーをヘコませてしまうようなことがあります。そんな時、普通なら板金に出してけっこう痛い出費を覚悟しなければならないところですが、ドライヤーがあれば高額を費やさなくても済むかもしれません。

10173_02

今回は、バンパーのヘコみをドライヤーで直す修理方法をご紹介します。

この修理方法は、ヘコんでいるフロントバンパーをドライヤーで直すというもの。使う道具はドライヤーで、所要時間は30分です。

方法はいたって簡単、ドライヤーの熱でバンパーを温めて裏側から手で押すというもの。時間をかけてバンパーを温めると柔らかくなり、柔らかくなった状態で押せば形状を元通りにできるとのこと。また冷えると、再び強度を取り戻すといいます。

10173_03

この方法が使えるのは、プラスチック製樹脂で作られているバンパー。またこの方法は、業者の修理方法と原理的には同じだといいます。さらに成功確率は90%ほどとのことで、大体のヘコみはこの方法で解決できるといいます。

10173_04

自分で修理するとなると自己責任のため、業者に任せるのが一番安全ですが、この方法を先に試してみれば出費を節約できるかもしれませんね。

出典
Major Prius Bumper Dent Repair

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop