6歳の女の子に『裕福そう』と『貧しそう』な姿で街角に立たせる社会実験 結果に考えさせられる

出典:YouTube

東ヨーロッパに位置するグルジアの首都トビリシで行われた社会実験。

実験の内容は、6歳のアナノちゃんに「裕福そうな格好」と「貧しそうな格好」をしてもらい、1人で街角に立ったり、レストランへ行ってもらうというもの。

幼い彼女への人々の反応に深く考えさせられます。

裕福そうな格好

綺麗で可愛らしい格好をしたアナノちゃん。街角に立ってそれほど時間も経たないうちに、通行人から声をかけられました。

22284_01

出典:YouTube

「お名前は? 何歳?」

「この近くに住んでるの?」

「迷子になっちゃったのかな?」

中にはどこかに電話をかける人も。多くの人が1人でいる幼い彼女を心配し、手をさしのべます。

貧しそうな格好

次にアナノちゃんに貧しそうな格好をしてもらい、同じ場所に立ってもらいます。すると…。

同じ女の子が同じ場所に立っているにも関わらず、誰も声をかけてくれません。独りで立つ少女の姿に、胸がしめつけられます。

22284_02

出典:YouTube

レストランでも結果は同じ。

綺麗な格好をしているアナノちゃんは、多くの方が声をかけてくれたり、キスをしてくれたり。快く迎えてくれるのに対し、

22284_03

出典:YouTube

貧しそうな格好をしたときは「あっちへ行って」と言われたり、スタッフを呼んで外に出させようとする人も。

22284_04

出典:YouTube

そこで実験はストップ。アナノちゃんが耐え切れず、泣き出してしまったからです。

表情をこわばらせながら心境を語るアナノちゃん。

22284_05

出典:YouTube

とても悲しかった。みんな「あっちいけ」っていうの…

言葉以上に、その表情から深い悲しさと寂しさが見てとれます。

現実には多くの子どもたちが、実験中のアナノちゃんと同じ、もしくはそれ以上の辛さを抱え日々を送っています。

人の価値は「裕福さ」や「貧しさ」で決まってしまうのか…。本当の優しさとは一体なんなのか、深く考えさせられました。

出典
Would you stop if you saw this little girl on the street? | UNICEF

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop