若者たちが騒ぐ夜のヤビツ峠 ゴミだらけだったのが、翌朝きれいになる理由

出典:@jzx100kazukazu

神奈川県秦野市にあるヤビツ峠は、東京近郊のヒルクライムのメッカ。自転車に乗る人たちに人気のスポットです。日中は鍛錬に励むヒルクライマーたちが汗を流しています。

かたや交通量の少ない夜間には、「峠族」などと呼ばれる人々が自動車でドリフト走行をしていて、騒々しい雰囲気に。

その見物をしたり、夜景を見に来る人々もいて、彼らが去ったあとにはたくさんのゴミが散乱している状態になってしまうのだそうです。

ですが、次の日の朝には、そのゴミはすっかりきれいになくなっています。

なぜなのでしょうか…?

22520_01
22520_02
22520_03

実は、若者たちが騒いだあとのゴミを片付けているのは、朝6時前からやってくるおじいさんなのです。

このツイートを投稿したおがっちさん(@jzx100kazukazu)によると、散らかっているゴミの殆どは峠の下のコンビニのもの。

「コンビニで買ったものから出たゴミなら、コンビニのゴミ箱に捨てて。そうでない、持ってきたゴミだったら持ち帰って」とおがっちさんはコメントしています。

夜中に騒がしく楽しんでいる人々は、きっとゴミ拾いをしてくれているおじいさんの存在を知らないのでしょう。

もし彼らの一人にでも、このおじいさんの姿が届いてくれたら…せめて自分が出したゴミだけは持ち帰ってくれたらと思います。

おじいさん、いつもありがとうございます。どうか、おじいさんの負担が減りますように…。

出典
@jzx100kazukazu

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop