個人情報共有お断り! Tポイント、ユーザーの申し込みにより共有拒否が可能に

Tカード、持っていますか?
Tポイント・ジャパンによるとTカードを1年間で利用している人数は5000万人を超えているそうです。そのTカードに貯まるTポイントの利用規約が2014年11月1日から変更となるため、今話題になっています。

すごく簡単に説明すると、こんな感じになります。

これまで会員の情報は仲間の会社と共有して使っていました。けれど、今後は会員が「嫌だ」というなら共有しません。でも新しい会社が仲間に入ったら、その度にユーザーが嫌だって言わないと対応できません。

Tポイントは1枚のカードで様々な店舗のポイントを貯めることが可能なため、広く普及しましたが、その代わりに私達のTポイントナンバー、年齢、性別、購買履歴などの情報は「共同利用」という形でT会員向けのサービス提供企業間で共有し利用されていました。(※氏名、住所は除く)

11724_01

今回の改定では「共同利用」を昨今の個人情報保護の意識の高まりに対応するために「第三者提供」とすることにより、ユーザーが第三者企業への個人情報の提供を断ることが出来るようになりました。ただ、新規に企業が追加されるとユーザー側でもその企業を拒否対象に追加する必要があります。

自身の個人情報が第三者企業に利用されるのを拒否したい人は、こちらのサイトから第三者への個人情報の提供を行わないよう申請(オプトアウト申請)が可能です。

提供拒否を申請すると、ユーザーは今後希望のサービスを受けられない場合もあります。申請する場合にはリンク先のサイトに記載されている内容をしっかり読んでメリット・デメリットを把握した後に行うようにしてください。

出典
カルチュア・コンビニエンス・クラブ 2014年11月1日 T会員規約を改訂します

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop