マナーの悪い客に対し、看板を設置したカフェ 素敵なアイディアに称賛の声

出典:imgur

「お客様は神様だろ!」

そういった言葉を自ら発するかのように、店員に対して大きな態度をとるお客さんっていますよね。

いくらお金を出しているからとはいえ「売ってもらう」お客さんと、「買ってもらう」店員は対等な存在。お客さんが店員に向かって乱暴な言葉を使ったり、上から目線で接するのは、他のお客さんから見ても気持ちの良いものではありません。

アメリカのバージニア州にあるカフェは、ある日「お客さんたちのマナーを向上し、気持ちのいいお店にできないだろうか…」と考えていました。

連日頭をひねらせた結果、1枚の看板を設置することにしたのです。

いらっしゃいませ!

「コーヒーのS!」は5ドル
「コーヒーのSをください」は3ドル
「すみません、コーヒーのSをひとつください」は1.75ドル

看板に書かれていたのは、「注文時の言葉遣いによって、コーヒーの値段が変わる」という内容!

乱雑な言葉で注文すると一杯約520円ですが、ちゃんと挨拶し、敬語を使うと一杯約180円でコーヒーが飲めるのです。

看板を書いた店員は、設置したきっかけについてこう話します。

「時々、乱暴に注文するお客さんがいて嫌だなあ、と感じることがありました。
どんなに忙しいかったとしても、敬語や挨拶は大切だと思うんです」

ちなみに、最初はちょっとした冗談のつもりだったそうです。予想と反して称賛の声が多く寄せられたため、これからもこのシステムを継続していくのだとか。

たった一言交わすだけでも、言葉遣いが丁寧なだけでコーヒーがおいしく感じそうですよね。きっとこのお店は、毎日店員とお客さんたちの笑顔であふれていることでしょう。

出典
imgurCUPS Coffee & Tea

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop