年賀はがき表面の羊に隠されていた、12年にも渡る物語。感動が広がる…

年賀はがき表面の切手のデザイン。毎年なんとなく見過ごしているものですが…実は深い物語が隠されていました。気づいた人々は、口々に「感動した…」

その物語とは、こちら。

12年前の未年用の年賀はがきのデザインでは編みかけだったマフラーが完成しました。

郵便年賀.jp ーより引用
11889_02

12年前、編み物をしていた羊。今年の羊は編みあがったマフラーを巻いていました! しかも、羊の毛がなんだかすっきりしている(笑)自分の毛で編んだのでしょうか…。

この羊が印字されているのは、無地のインクジェット用のはがき。見た人をちょっぴりうれしくさせる粋なアイディアですね。年々投函する数が減っている年賀状ですが、今年は少し早めに頑張ってみようかな! と思ってしまいます。

出典
郵便年賀.jp

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事









週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop