亀田興毅は営業マンになっても亀田興毅…打たれても闘い続ける彼を見習いたい!

どんな生活を送っていても、人は時に悩み、苦しむことがあります。それでも、得たいものがあると…そして守りたいものがあると、奮闘し続けるものです。

そんな、日々頑張る人たちにエールを送る動画をご紹介します。

スーツ姿で頭を下げる亀田興毅

この動画は、元ボクシング世界王者の亀田興毅が、引退した後の人生を描いています。グローブを置き、第二の人生を歩んだ彼には、過酷な毎日が待っていました。

24901_01

彼が再就職先に選んだのは、なんと商社の営業マン。拳でつかんだ栄光が通用しない「サラリーマン」というリングに立ちます。

24901_02

目がプリントされていないキャラクターグッズの山を目の前に肩を落とす亀田さん。取引先に任されたグッズ制作に失敗してしまいます。あきれ果てた取引先の前で、深々と頭を下げる彼の背中には、哀しさがにじみます。

24901_03

カラオケ接待になると、得意先の熱唱を盛り上げるべくタンバリンで必死に参戦。頑張っているのだけれども、なんだか噛み合わない。先輩が求めたシャドーボクシングを断ると「つまんねえな」と吐き捨てるように言われます。

24901_16

名刺交換を済ませると、亀田さんの名刺は相手にぞんざいな扱いをされてしまいます。

24901_10

サラリーマン生活にはストレスが募ることばかり…。しかし苦しみの中にも小さな幸せを見つけます。彼が浮かべた笑みの先には、何があったのでしょうか?

闘っているのは同じ、ただ、リングが違うだけ

ボクサー時代と比べると、惨めに見えてしまう彼の新しい生活。ただ、彼が拳を握りしめるとリングでの勇姿を思い出します。彼の中では、ボクシングで闘っている自分と、サラリーマンとして闘っている自分にはなんの違いもなかったのです。

24901_14

動画撮影後のインタビューで、亀田さんはこう語りました。

ボクシングの世界も毎日毎日、苦しい練習、ハードな練習を乗り越えて、試合に挑みますし、営業マンの方も一生懸命いろんなことを考えて、時には徹夜をして大切な仕事に向き合う。ストレスと常に向き合うという意味では、一般企業の仕事はもちろん、ボクシングも他のスポーツも、毎日が自分との戦いです。やはり共通する部分は多い気がします。

24901_15

どんな職業に就いていても、ストレスにさらされます。それでも闘うことを止めず、果敢に攻め込んでいこう…。この動画には、そんな熱いメッセージがこもっています。

24901_11

自分に負けず、ストレスに負けず… Fight on!

24901_81
提供
江崎グリコ株式会社

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop