ジュニア「踏み間違えても平気!」 高齢者の交通事故対策、『ド正論』にうなずく

提供:産経新聞社

お笑い芸人の千原ジュニアさん。

ケンドーコバヤシさんと共に出演する、日テレ系の深夜番組『にけつッ!!』の中で、高齢者による交通事故を防ぐためのアイディアを披露し、注目を集めています。

社会問題にもなっている高齢者の交通事故

高齢者の交通事故は、社会問題とも言われるほど大きな問題。

26902_02

提供:産経新聞社

特に「アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故」は、報道などでもよく扱われる高齢者事故の典型例と言われています。

そんな高齢者の交通事故を防ぐための1つのアイディアとして、千原ジュニアさんが2016年11月20日放送の『にけつッ!!』で、こんな持論を展開しました。

60歳以上、70歳以上はミッション(マニュアル車)しかアカンことにしたら、ええやん

にけつッ!! ーより引用

高齢者は、オートマ車を禁止し、マニュアル車しか運転できないようなルールにすればいいという発言。

そして、その真意を次のように話します。

便利になるから不便になんねん

ミッションだと(アクセルとブレーキを踏み間違えても)エンストするしかないからな

にけつッ!! ーより引用

な、なるほど!!!

確かにマニュアル車であれば、ブレーキを踏もうと思ってアクセルを踏んでも、クラッチさえ切れていれば、エンストするか空ぶかしになるだけで、急発進する確率は下がります。

一方、オートマ車だと、ブレーキを踏もうと思ってアクセルを踏むと、一気に加速して建物や人に衝突してしまう恐れがあります。

このジュニアさんの提案に対し、Twitterでは多くの人が「正論だ」とコメントしました。

ジュニアさんは「運転に自信がある人ならミッションでも平気なはず。そういう人から免許を取り上げる必要はない」とも語っています。

26902_03

免許の返納という制度はあるものの、「住んでいる場所によっては車がなければ生活できない」という人もいます。

そういった人は、「ちょっと自信がなくなってきたな」と感じても、そう簡単に運転免許を返納することはできないでしょう。

また、「何歳以上はマニュアル車しか運転してはいけない」という法律が実際に成立・施行されたとしても、すべての高齢者による交通事故がなくなるわけではありません。

それでも「ブレーキとアクセルの踏み間違い」による衝突事故を防ぐのに大きな効果を発揮しそうな、このアイディア。検討だけでもしてみる価値はあるのではないでしょうか。

出典
にけつッ!!@kiyotoi@live73

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop