「ペヤング パクチーMAXやきそば」を食べてみた オフィスに広がるパクチー臭…これはやっちゃったか?

2016年12月19日、「ペヤング パクチーMAXやきそば」が発売されました。

ことしの一皿にも選ばれた「パクチー」がたっぷり入ったペヤングをパクチー好きの記者が食べてみようという企画です。

が、甘かった......! ぺヤングの本気をなめていたかもしれません。

(私)すみません! 今すぐ窓開けます

パッケージにはパクチーをイメージした緑の葉が描かれていて、開封する前から「パクチーを食べるぞ!」という気分が盛り上がります。

フタを開けると中には、ソースと乾燥したパクチーがぎっしり入った「かやく」の袋が入っています。かやくを開けてニオイを嗅いでみましたが、この時点ではパクチー独特の香りはほとんど感じません。

作り方は通常のペヤングとほとんど同じ。フタを途中まで開けて、かやくを麺の上に開けます。お湯を注いで3分待ち、湯切りしてソースを混ぜます。ソースを見てみると通常のソースより色が薄く通常のソースとは違うようです。

ソースが混ぜているとオフィスにパクチーの香りが充満。「ここまでパクチーの匂いが...」とクレームが入りました。申し訳ない...! すぐに窓を開けて換気しました。苦手な人がいるところで食べるのは危険かもしれません。

もしもパクチー苦手な人が食べたら?

ドキドキしながらひと口目を口に運びます。

「ん?? 思ったより、パクチーの香りはしないかも」。

ソースは酸味があってスパイスの効いているトムヤムクンのような風味です。パクチーと焼きそばとの相性もバッチリでこれは美味しい!

パクチーの香りは後からやってくるようで、二口、三口と食べていくと、だんだんパクチーの香りが強く感じられるようになります。クセになる味わいで半分まではパクパク食べられましたが、半分を過ぎたあたりから口の中が「パクチー一色」になってしまいました。パクチー好きではあるけれど、「パクチスト」ではない中途半端な記者にはこれが限界です。不甲斐ない...。

パクチーが苦手な人はどんな反応を示すのでしょうか。気になったので、パクチー嫌いの編集部員にも食べてもらいました。まずは鼻を近づけて「ニオイからダメ」と即否定。確かに好き嫌いは分かれますがそこまで言わなくても......。

ひと口食べて「うわ...無理」と箸をおいた彼女。やっぱり苦手な人にはおすすめできません。

言い換えれば、パクチー嫌いが反応するほど、しっかりとしたパクチーの香りが楽しめるということ。以前発売された「ペヤング にんにくMAX やきそば」「ペヤング 激辛やきそば」なども、想像を超えた破壊力でしたもんね。

手軽な「パクチーメニュー」として、パクチストにはおすすめです。

出典
東京バーゲンマニア

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop