ぶっ飛びすぎ!?タモリがラジオで起こした破天荒事件の数々

今年で正式デビューして40周年を迎えたタモリさん。タモリさんと言えば、31年半続いた『笑っていいとも!』や『ブラタモリ』などが有名ですよね。しかし彼には「破天荒」な過去があったのを知っていますか?

イグアナのモノマネや、デタラメ言語など、キワモノな芸風を多く披露していたタモリさん。そんな彼の芸風がさらに炸裂する場所は、ラジオだったのです。

1976年から7年間パーソナリティを務めた冠番組『タモリのオールナイトニッポン』。デビューからたったの6ヶ月でスタートした番組で、タモリさんは今ではありえない企画を連発していました。

NHKつぎはぎニュース

『NHKつぎはぎニュース』は、番組の大人気企画のひとつ。それはなんと、NHKの放送を切り取って、意味不明のニュースを作り上げるというもの。

例えば相撲のニュースに、事件のニュースを挟み込むと…

お相撲のニュースです。〇〇関と〇〇関が対戦、ところが棒のようなもので殴られ、気を失っている間に、〇〇が2度目の優勝をしました。

※画像はイメージです。

というありえない展開ができてしまうのです(笑)

驚くことに、NHKには無断で使用していたため、企画が始まって3ヶ月ほどでNHKからクレームが入り、打ち切りになってしまいました。

伝説の放送『ソバヤ』

トランペット奏者で、幅広いジャンルの音楽に精通のあるタモリさん。それもあってか、音楽ネタを活かしたトークを繰り広げることもあったそうです。

中でもラジオファンの中で『伝説』とされているのが「ソバヤ」。なんと2時間の放送時間、ぶっ通しでアフリカ民族音楽のパロディをアドリブで歌い続けたのです。

Emilio Labrador/Flickr
※この写真はイメージです。

問題の曲(ショートバージョン)を聞いてみると、アフリカ音楽そのものと勘違いするクオリティ!しかし良く聞いてみると、「ソバヤ、ソバーヤ」など日本語に聞こえる部分がたくさん。CDにも収録されているので、気になる方は聞いてみてください。

芸能生活40周年、オールナイトニッポンに帰ってくる!

ラジオで数々の『伝説』を作ってきたタモリさん。ラジオのメインパーソナリティに初めて抜擢されて40年、再びラジオのブースに入ります。

2016年12月30日(金)の午後10時から深夜0時まで、タモリさんがパーソナリティを務める「タモリのオールナイトニッポンGOLD Song&BOSS スペシャル」が放送されます。

今回の特別番組では、能町みね子さんをパートナーに迎え、昭和の名曲と共に1年を振り返るスペシャルプログラムとなっています。

その他にも、タモリさんがサングラスをしはじめた秘話や大好きな鉄道ネタ、下ネタまで盛りだくさん!デビューから40年、磨きをかけたタモリさんのトークを、ぜひ聞いてみてください。

タモリのオールナイトニッポンGOLD Song&BOSS スペシャル
2016年12月30日(金) 午後10時~深夜0時

番組ホームページはこちら


[文/grape編集部]

提供
株式会社ニッポン放送

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事










検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop