ドラゴンボールの歌に隠された呪文の謎が明らかに!逆再生してみると・・

大人気アニメ、ドラゴンボール。1986年に始まったドラゴンボールから1997年のドラゴンボールGTまで、なんと11年間もの間放送されました。ドラゴンボールと一緒に育ってきたという方も多いのではないでしょうか?

そのドラゴンボールZのエンディングソングとして放送された「でてこいとびきりZENKAIパワー!」。この曲に隠されたある秘密が明らかになりました!

カワイイご飯が小さな星の上を歩く映像でもお馴染みの曲ですが、そのイントロ部分には言葉なのか歌なのかよくわからない呪文のような音声が入っています。

この音声を逆再生してみると、なんと制作秘話を語っているというのです!

でてこいとびきりZENKAIパワー! 逆再生

あー、この曲をつくるにあたっては、

鈴木ケンジ、池毅、トキエダタツヒロ、ウチダタカシ、ヤマモケンジ ヤナギハナエ?ノムラタカシが

がんばったんだよ

でてこいとびきりZENKAIパワー!【逆再生】  ーより引用

この曲を作曲された池毅さんのオフィシャルサイトで、その制作裏話が公開されていました。

ドラゴンボールZのエンディングになったこの曲、冒頭イントロから聞こえてくる呪文のような言葉が何であるか、疑問を持たれた方も多数いるのではないだろうか?。

ボーカルのManna(マナ)さんのキュートでチャーミングなボーカル録音が無事終わり、彼女がお帰りになった後、コーラスパートやガヤ(かけ声)を私が一人多重録音で入れたのだが、曲をさらに面白くしたくなり、イントロや間奏に意味不明の言語を入れることを思いついた。

映画スターウォーズで酒場のシーンに出てくる宇宙人語の中には少数民族の言語を逆回転にしたり、さらにその音声をエフェクト加工して画面に当てているというような事を聞いていた覚えがあったので、私もちゃっかりその手法を使うことにした。

スタジオ現場にいた人たちや番組制作スタッフの名前をリストにして、一通り読み上げ6ミリテープに録音し、そのテープを逆回転再生させ、さらにピッチシフトをしてマルチトラックのイントロや間奏にかぶせたのだ。

狙いは見事にはまった。

ノウハウをご存じの方はイントロ部分や間奏部分を逆回転で再生してみて欲しい。色々と人の名前が出てくるのが聞き取れると思う。この曲は・・・・・・で作ったんだよ!!」みたいなコメントだったと思う。

池毅 オフィシャルサイト ーより引用

当時、なんにも気にせず聴いていたこの部分にそんな裏話が合ったとは・・。22年ぶりの衝撃事実でした。

「でてこいとびきりZENKAIパワー!」を最後まで聞きたくなってしまった方はこちらからご確認ください♪

でてこいとびきりZENKAIパワー!

出典
でてこいとびきりZENKAIパワー!【逆再生】 / 池毅 オフィシャルサイト / (c)バードスタジオ / 集英社 / 東映 

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop